転職

転職活動の最終面接は”ほぼ合格”ではない!一番大切なアピールポイント

次回は最終面接だよ

役員との面接だけど、最終面接にいけば”ほぼ合格”だよね?

落ちることもあるのかな

 

こんなお悩みに答えます。

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

記事の内容

  • 最終面接で一番大切なことがわかる
  • 最終面接をクリアするためのアピールポイントがわかる
  • 最終面接する役員の気持ちがわかる

ボクは新卒からずっとIT企業に勤めていますが、2回転職してます。

20年ぐらいIT営業をしながら、IT技術者の採用活動もしてるので面接官もしています。

自分の転職経験と面接する側の立場から、転職を希望している方々にはいろんなアドバイスができると思います。

こんなボクが解説します。

 

転職活動の最終面接は”ほぼ合格”ではない

最終面接は、社長や役員との面接になります。

気持ち的には、部長や支店長との面接が通ったので、もう大丈夫。
最終面接は顔見せ的な感じでしょ。

と思いたいのはよくわかります。

でも、最終面接になれば”ほぼ合格”ということはありません。

最終面接で落ちるということは普通にあります。

ボクも最終面接で落ちたことがあります。
それも新幹線の交通費を使ってまで最終面接に挑み、見事に落ちました。

その理由は、もちろん真相はわかりませんが、ボク的に思ってることがあります。
それは後ほど話します。

話を戻すと、最終面接で落ちることは普通にあります。

しかし、ある意味、スキルや経験はすでに認められているわけです。

それ以外の事で合否が判断されるということになります。

それは何かというと、

 

入社意欲のアピール

これが一番大切なんです。

 

最終面接では必ず入社したい意欲をアピールする

ボクが最終面接に落ちた話に戻しますが、その後、理由を必死に考えてみました。

出た答えは、入社したい意欲が足りなかったということです。

その時、ボクは2度目の転職活動でした。
前の会社に在職しながら、こっそりと転職活動してました。

転職したい気持ちはもちろんありましたが、別に転職出来なかったとしても無職になるわけではありません。

そのあいまいな感じが、最終面接の受け答えに現れてしまっていたと思います。

 

そんな経験から、最終面接で一番重要なのは、入社したい意欲をはっきりと伝えるということと思います。

では、最終面接で一番重要な、入社意欲を伝える方法を解説します。

 

志望動機に入社意欲を盛り込んでアピール

なぜ、この会社を志望したのか?

役員は、この答えで応募者の入社意欲をつかみます。

志望理由が、「同じ業界なので、活躍できると思い・・・」の程度ではNGです。

志望動機に入社意欲を盛り込むことが大切です。

「御社の〇〇は、現場の労動時間削減など、社会的にも素晴らしい貢献をされていると認識しております。今後もさらにニーズが高まると考えており、私も営業として携わらせていただき、お客様に感謝いただける仕事をしたいと考え志望させていただきました。」

こんな感じで志望動機は答えましょう。

ポイントは、
企業の取り組んでいる事業を理解し高い評価をしている。

だから、それに携わることで、自分の成長と企業に貢献したいということをアピールすることです。

最終面接で必ず志望動機は確認されます。

ここで入社意欲をアピールできるよう、十分に準備しておきましょう。

 

逆質問で入社意欲をアピールする

最終面接でも、終盤には逆質問できるタイミングがあるはずです。
ここでも、入社意欲をしっかりアピールしましょう。

ポイントは、入社後にすぐに貢献したい意欲があることを伝える事です。

「採用いただいたら、すぐにでも戦力として活躍したいと考えております。
入社前に何か勉強しておくことなどございましたら、アドバイスをいただけますと幸いです。」

こんな感じで、入社前だけどやる気満々なところをアピールしましょう。

 

最終面接の最後の挨拶でアピールする

入社意欲をアピールできる最後の機会であり、最大のチャンスかもしれません。

面接終わりの最後の挨拶場面で、入社意欲のアピール納めをしておきましょう。

「本日、面接をいただきまして誠にありがとうございました。
面接を通じて御社で働かせていただきたい気持ちがより強くなりました。
一日も早く貢献できるよう頑張りますので、何卒よろしくお願い致します。」

こんな感じで締められれば、内定はグッと近づくと思います。

 

最終面接する役員の気持ち

最終面接を担当する役員は、本音を言うと、あなたが内定を出したらホントに入社するか心配なんです。

最終面接で内定を出したのに入社しなかったら、一次面接をした現場長から白い目で見られる可能性があります。

「○○さんに、なんか嫌なこと言ったのかな?」

「**役員のせいで、○○さんはこなかった」

など、部下に悪く勘繰られてしまいます。

だからこそ、一番大切なのは「内定を出したら入社してくれる」という安心感を与えるためにも入社意欲をしっかりとアピールしましょう。

 

まとめ

転職先生
しっかり準備すれば、おのずと結果はついてくる!

最終面接は油断大敵です。

ヘマすれば落ちます。

一次面接と同様の準備をしつつ、入社意欲をアピールできるよう細心の注意を払って準備しましょう。

-転職
-,

© 2022 ジテツウとテンカツ