転職

40代で転職を成功させるために必要な3つの対策

40才過ぎたけど転職したいよ。 どうすれば転職できるかな?

ボクも同じ不安をもってました。

でも大丈夫です!

ボクの経験からしっかりとお答えします。

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

記事の内容

  • 40代で転職を成功させる3つの対策が分かる

ボクは新卒からずっとIT企業に勤めていますが、2回転職してます。

20年ぐらいIT営業をしながら、IT技術者の採用活動もしてるので面接官もしています。

自分の転職経験と面接する側の立場から、転職を希望している方々にはいろんなアドバイスができると思います。

こんなボクが解説します。

 

40代で転職成功するために大切な3つの対策

40代で転職しようと考えている方に、まずお伝えしたいことがあります。

それは、

必ず転職できます!

ただし、十分な準備が必要であるということを肝に命じてください。

どんな準備が必要かは、これからお話しいたします。

 

40代で転職を考えている人が確実に対策すべきことは以下の3つです。

  1. 応募する企業にあわせた対策
  2. 採用したらどんなメリットがでるかを明確にする
  3. 転職エージェントを厳選する

順に確認していきます。

 

1.応募する企業にあわせた対策

まずは、第一関門である書類選考を通過しないといけません。

そのため、職務経歴書を企業毎に書き換える必要があると認識しておきましょう。

 

そんなの面倒だから自分のアピールできることだけ羅列しとけばいいんじゃね

ってのは、30代まで。

 

40代の場合、書類をサラッとみて、求める人材と余程マッチしてないと書類選考は通過できません。

しっかり企業の情報を参照しつつ、求人情報の求めるスキルへのアンサーとなる職務経歴書を作成しましょう。

それができなければ、応募するだけ無駄?かもしれませんよ。

面倒な作業かもしれませんが、しっかり対応しましょう。

 

2.採用したらどんなメリットがでるか明確にする

次は、自分を採用することで、その企業にどんなメリットがあるのかを明確にしておく事です。

営業ならば、これまでの経験と人脈を活かして、早い段階で売上アップに貢献できる。

具体的に人脈のある企業名を出せたりできるとGoodです。

そして、応募企業の製品を紹介して商談化できると話せたらベストです。

IT技術者なら、開発チームをまとめて、プロジェクトを推進できるなどです。

何名のプロジェクトを束ねて、具体的なシステム内容を説明できるように準備しておきましょう。

40代なら、営業は即戦力て売上アップ、技術者はリーダー的役割を期待されるはずです。

これを明確にし自分の中で整理して面接時に分かりやすい説明ができるようにしておきましょう。

 

3.転職エージェントを厳選する

40代ならば転職エージェントを厳選することが重要です。

30代半ばまでなら、思い当たる転職エージェントに片っ端から登録すべきですが、40代がそうすると非効率で無駄な労力が増えてしまいます。

要するに、ボクの経験上、30代までしかまともに相手にしない転職エージェントがあるわけです。

一方、40代以降に有利な求人をたくさん持ってる転職エージェントもあるんです。

それは、

ビズリーチ

です。

実はボク自身、2度目の転職はビズリーチのおかげで転職成功できたと思ってます。

ボクはIT営業を希望していたわけですが、他の転職エージェントでは紹介されていない、ハイスペックな求人がかなりあったと思います。

2度目の転職活動を始めたとき、前回同様に片っ端から転職エージェントに登録しました。

でも、ビズリーチ以外はこちらからアクションを起こした求人も含めて、ほとんど反応なしみたいな感じでした。

逆にビズリーチだけは、ボクの応募したい求人がかなりあったし、ビズリーチ側からアクセスしてくれたりと非常に嬉しかったです。

ビズリーチは若い人をターゲットにしていないわけではないと思いますが、ビズリーチで転職成功したボクの経験からは、40代以上の即戦力を特に重視しているような印象です。

ボクの元同僚は51才でも営業として転職成功しているケースも知っていますので、40代以上で転職活動するなら、ビズリーチへの登録は必須です。

ちなみに、ビズリーチは無料と有料の2パターンあります。

正直言って、ボクは無料のほうで転職成功しています。

まずは、無料で試してみる事をおすすめします。

 

まとめ

40代で転職は簡単ではありません。

でも、しかるべき対応をしっかりとすれば、必ず転職できます。

ボクだってできたんですから大丈夫です!

-転職
-

© 2022 ジテツウとテンカツ