自転車通勤

【自転車通勤】コスパの高いウィンターグローブおすすめ5選

自転車通勤におすすめのウィンターグローブはどれかな?

いろいろあってどれがいいか分からないよ。

こんな質問に答えます。

 

この記事を読むとこんなことが分かります。

記事の内容

  • 自転車専用のウィンターグローブが必要な理由が分かる
  • 冬の自転車通勤におすすめの5種類のウィンターグローブが分かる

ちなみにボクは、2014年9月から約6年間、自転車通勤を継続しています。
片道16km、往復32kmです!

この経験を生かして解説します。

 

冬の自転車通勤に自転車用のウィンターグローブが必要な理由

冬の自転車通勤に必ず必要となるのが、ウィンターグローブです。
これなしでは自転車通勤は続けられません。

「わざわざ、自転車用のウィンターグローブを買う必要はないんじゃないの?」

という疑問を持つ人もいるかと思います。

正直言って、ママチャリで自転車通勤してる方は、普通の手袋でOKです。

でも、クロスバイクやロードバイクなら自転車用のウィンターグローブを準備しましょう。

なぜなら、

安全安心だからです。

 

まず、ママチャリよりも確実にスピードがでるので風を防いだり保温性が高くないと辛いです。

自転車用のウィンターグローブは裏起毛や風を通さない設計がされているなど、防寒対策がしっかりとされています。

そして、ママチャリと違って、クロスバイクやロードバイクはハンドルへの荷重が大きいです。

そのため、普通の手袋だとグリップが悪くて手が滑ってしまう可能性があります。

落車してケガをしたら、仕事への影響も出ますし、命に関わる事故につながります。

その点、自転車専用のウィンターグローブはハンドルを握ることを前提に設計されているものが多いですから安心です。

冬の自転車通勤には、安全を担保でき、暖かくて安心な自転車用のウィンターグローブを選びましょう。

 

 

冬の自転車通勤におすすめのウィンターグローブ5選

ホントにたくさんの種類が発売されてて、一体どれを買ったら良いのか分からないと思います。

まあ、「高いの買っとけば間違いない」のは事実ですが、ボクのおこずかいは雀の涙ほど・・・

なるべくお金がかからないけど、高性能っていうコスパの高いウィンターグローブを紹介します!

 

Windstopper® サーマルリフレクティブグローブ(SHIMANO)

やはり自転車パーツやウェア・アクセサリ専門のSHIMANOは外せません。

この商品はSHIMANOのラインナップの中でも、一番寒い環境を想定した製品です。

風や冷気を防ぐことが重要ですが、そこだけを重視するとハンドルを握っているときの快適感や操作性に妥協をしなければいけません。

しかし、生地の裁断(カッティング)から自転車の運転をしっかりと設計しデザインされており、3D構造でハンドルを握っていても違和感がありません。

そして、スマホもグローブをはめたまま操作できます。

防風、保温、操作面の全てにおいて安心して購入できるおすすめの製品です。

 

 

ゴアテックスウインターグローブ(SHIMANO)

機能的には、先に紹介した「Windstopper® サーマルリフレクティブグローブ」に防水性を追加した製品です。

「GORE-TEXウォータープルーフ」採用で、もしもの雨や雪でも安心です。

また、裏起毛ですので、より暖かさを感じるかもしれません。

 

 

ウィンドブレーク ウィンターグローブ(パールイズミ)

 

パールイズミは自転車用のウェアやアクセサリを専門に製造販売している会社です。

この、「ウィンドブレークウィンターグローブ」はパールイズミのウィンターグローブの代表的な商品です。

スリムデザインでカッコイイです。

保温性や防風性を兼ね備えた「ウィンドブレーク」という素材を使い、超立体構造でハンドルも握りやすく設計されています。

また、手の甲の「再帰反射」で夜に視認性も高いです。

 

 

SIMARI 秋冬グローブ

デザインがシンプルでおしゃれです。

裏起毛で保温性を高めつつ、「人間工学設計」で自然な指の曲がり方を再現されていますので、快適に利用できます。

当然、「タッチパネル対応」ですから、スマホも利用できます。

口コミで、少し風を通すような評価があります。

価格的にも安いので、SHIMANOやパールイズミとは性能的に多少の差はあると理解できれば”買い”です。

 

 

Souke Sports グローブ冬

裏起毛素材で作られていますから保温性は高いと思います。

また、しっかりと手首までカバーしてある仕様なので安心です。

撥水加工もされているようですので、オールラウンドな冬の環境を想定した設計です。

もちろん、スマホも使えます。

 

まとめ

冬の自転車通勤に欠かせないウィンターグローブは、しっかりと冬の厳しさに耐えられるよう設計された商品を選ぶことがポイントです。

上記製品なら、どれも冬の自転車通勤を快適にする設計にて作られていますが、予算があれば、個人的にはSHIMANOかパールイズミを選んでおくことをおすすめします。

-自転車通勤
-,

© 2022 ジテツウとテンカツ