自転車

不要な自転車をなるべく”お得に処分”する方法を確認

乗らなくなった自転車を処分したいんだけど、どんな方法がいいかな

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

記事の内容

  • 新品購入なら不要自転車1台を無料で引き取ってくれる店
  • 不要な自転車を安心して売れるおすすめの店
  • ママチャリを買い取ってくれる店
  • 処分だけしたいときの方法

ちなみにボクは、2014年9月から約6年間、自転車通勤を継続しています。
片道16km、往復32kmです!

そんな自転車大好きなボクが解説します。

 

自転車の買い替えの場合は無料で引き取ってもらう

乗らなくなった理由が、新しい自転車に買い替えの場合は、引き取ってもらうのがいいと思います。

例えば、ドンキホーテの自転車屋さんで新しい自転車を買うと、いらなくなった自転車を1台無料で引き取ってくれます。
実際にボクもボロボロのママチャリを引き取ってもらいました。

その際、ひとつだけ注意点があります。

ドンキホーテのお店の方に防犯登録されてる自転車か確認をされました。

普通は防犯登録してあると思いますが念のため確認しておきましょう。

ドンキホーテの他に、量販店系の自転車屋さんは、イオンバイクイトーヨーカドーなども1台無料のようです。

また、ネット通販のcymaも新品購入時は、1台引き取り無料です。
ただし、引き取り可能エリアにかなり制限があるようですので、公式サイトで確認しておきましょう。

一方、有料のお店もあります。

例えば、サイクルベースあさひです。
こちらは、新品購入時は一台あたり540円で引き取ってもらえます。(処分のみは1080円)

以上のように、大手量販店系の自転車屋さんやcymaは無料ですが、一般の自転車屋さんは有料の場合が多いと思います。

新しく買う自転車の性能などに、あまりこだわりのない場合は、不要な自転車を無料で引き取ってくれるお店で購入する方がお得です。

 

不要な自転車を売れるおすすめのお店

不要になった自転車を売る方法もあります。

注意点は、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ車や、子供用自転車や電動自転車しか買い取らない場合が多いです。

しかし問題点は、不要になった自転車をどうやってお店に持って行くか?という点です。(買い取りのお店が自宅の最寄りにあれは問題ないですが。)

そこで、出張買取りや、宅配買取りサービスをしているお店がおすすめです。

 

不要自転車を出張買取、宅配買取、店頭買取してもらえるお店

自転車のリサマイ

こちらのお店は、出張、宅配、店頭の3パターンで買取してもらえますから、非常に便利です。

それぞれ以下の流れで申し込み依頼できます。

【出張買取】
 問い合わせフォームから申し込み ⇒ 日程調整 ⇒ 買取専門スタッフが自宅へ査定に来てくれる

【店舗買取】
 事前に電話で申し込み ⇒ 日程調整 ⇒ お店に持ち込みし査定してもらう

【宅配買取】
 事前に電話で買取可能な自転車か確認 ⇒ 届いた宅配キットに自転車を梱包して郵送 ⇒ 査定してもらう

 

全国的にも展開されているようですし、実際に利用した人の評価も高いです。

自転車のリサマイ

 

自転車買取専門サービス ロハスサイクルあさひ

多店舗展開している、サイクルベースあさひの新業態です。(こちらは店舗買取と宅配買取のみ)

宅配と店舗買取のいずれかが可能です。

こちらのメリットは、Web による事前の簡易査定ができることです。

先にある程度の価格がわかるのは嬉しいですね。

ロハスサイクルあさひ

 

ママチャリを売りたい場合

ママチャリのようなシティサイクルの場合は、BookOffなどのリサイクルショップがいいと思います。

しかし、出張買取や宅配は自転車の場合はできないので、店舗へ持ち込むしかありません。

その労力に比べて買取額はあまり期待できないと考えています。

 

不要自転車を処分したいだけの場合

ママチャリなど、買取額が安いし面倒だから、処分したいだけなら、粗大ゴミとして出せば簡単です。

ボクの町の場合は、事前に市町村の窓口に電話し、自転車を捨てる日程を予約します。

その後、提携しているスーパーやコンビニで粗大ゴミに貼るステッカーを1000円で買います。

収集日にステッカーを貼った自転車を自宅前に置いて置くだけです。

町によって違いはあると思いますので、ホームペーなどで確認してみてください。

 

まとめ

どうせ新品の自転車を買うなら、不要な自転車を無料で引き取ってもらえるほうがお得です。

また、不要な自転車がスポーツ車や電動自転車なら、「自転車のリサマイ」か「ロハスサイクルあさひ」でなるべく高く買い取ってもらいましょう。

ママチャリならリサイクルショップに持ち込むか、粗大ゴミとして出してしまいましょう。

-自転車
-, ,

© 2022 ジテツウとテンカツ