自転車通勤

片道10kmの自転車通勤のポイントと仕事への影響について

自転車通勤したいと思ってるけど、片道10kmあるんだよね、できるかな? それに、疲れちゃって仕事に影響がでないか心配。

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

この記事の内容

  • 片道10kmの距離を自転車通勤できるか?
  • 片道10kmの自転車通勤のポイント
  • 疲れて仕事ができなくなることはあるか?

 

ちなみにボクは、2014年9月から約6年間、自転車通勤を継続しています。
片道16km、往復32kmです!

この経験を生かして解説します。

 

片道10kmの自転車通勤は可能か?

すでに結論を言ってしまってますが、可能です。

可能を証明するために、ボクの自己紹介から改めてさせてもらいます。

ボクは2014年9月から自転車通勤を現在まで続けています。

片道16km往復32kmです。

自転車はクロスバイク。GIANT ESCAPE R3に乗ってます。

ボクの例からみても片道10kmなら比較的楽に続けられると思います。

ただ、ボクよりも短いとは言っても片道10km往復20kmあるわけです。

続けるためのポイントを解説します。

 

片道10kmを自転車通勤するためのポイント

クロスバイクは必須

シティサイクル(ママチャリ)では難しいと思います。

もちろん不可能ではありせんが、やっぱり疲労度も違いますし、時間もかかってしまいます。

高級なクロスバイクは必須ありません。

5万円程度の有名メーカーのものなら十分です。

 

真夏と真冬には始めない

片道10kmだと、かなり汗をかきます。

夏ならなおさらで、汗だくです。

また、冬も手が冷たくて、耳も痛くて大変です。

これは自転車通勤を続けていると、対処方法など慣れてきますが、始めは辛いものです。

まずは距離だけの負荷に留めるためにも、片道10kmあるなら真夏と真冬から自転車通勤を始めるのはやめましょう。

 

片道10kmの自転車通勤は仕事への影響がでないか?

片道10kmの自転車通勤で疲れてしまい、仕事に影響が出ないかという疑問に答えます。

体力は人それぞれなので一概には言えないですが、ボクはもっと長い距離を自転車通勤してますが、疲れて仕事に影響が出たことは一度もありません。

かえって、満員電車のストレスを受けず、かつ、運動効果でストレス発散し、元気に仕事できてます。

ボクは普通の体力のおじさんですからクロスバイクがあれば仕事への影響はないと思います。

 

まとめ

片道10kmの自転車通勤は可能ですし、クロスバイクなら丁度楽しめる距離だと思います。

片道10kmあるならば、9月後半から11月前半ぐらいの間が始めるには一番良い時期だと思います。

春だと虫がいて大変な部分があるんですが、秋は自転車通勤には最高の季節だからです。

-自転車通勤
-,

© 2022 ジテツウとテンカツ